カテゴリー別アーカイブ: 雑談

【えびす講で大賑わい】

11月23日(日)10:00より 彦根市内は通行止め歩行者天国となりました。

なんだか、異様な感じでした。

えびす5

えびす2

今回の出店は、彦根市中央町の五感生活さんの軒下を借りての出店でした。

えびす1

ニンニク醤油の地鶏を、自慢のコタリで焼きました。

やっぱ、ふだんの出店と違って いい匂いが出せるのが強みですね~

あっという間に完売しました。

後は、自分達もアチコチ食べ歩き大満足の一日でした。

えびす4

【それでもプロを名乗るかね】

ワッパ(ハンドル)一筋30年のプロ中のプロをうたって来たのですが・・・

毎度毎度 お世話になっている鈴竹工務店様に配達に行って来ました。

スー

檜の通り柱満載をお買い上げ頂きました。

スー1

スー2

この狭い通路の向こうに倉庫が あるのですが?

スー3

この鴨居の高さがあと3センチ高ければ通れたのですが・・・・

タイヤの空気を抜くか 手でおろすのか?っと言う選択だったのですが

そのどちらも嫌だと言った 非常に厚かましいお願いに

スー4 スー7

鴨居を外して頂きました。

スー6

何とかギリギリくぐる事が出来たのですが?

上にばかり気をとられて

スー5

助手席側のミラーを割るという痛恨のミスでした。

情けないかぎりです。

初心者マークを貼って出直して参ります。

【彦根で朝市&城まつり】

10月19日 彦根で朝市に出店して来ました。

今日の彦根市内は朝からちがった なんせ全国からゆるキャラが彦根に

集結するからだ。

裏道の裏道までもが、渋滞すると言う異常事態でした。

朝市10月2

今回は菊にいつもの場所を占領されての出店となりました。

朝市10月3

今月は様々なジャンルの店が出店されてました。

朝市10月1

今回は、地鶏の焼き鳥ニンニク醤油味で勝負しました。

朝市10月

その匂いに誘われてか?

10年ぶりに元上司が来店されて昔話に盛り上がりました。

いよいよ、来週25日 イイネタマルシェ開催いたします。

社員も休日出勤で頑張ってます。

イイネタマルシェ

10月25日イイネタマルシェ 丸松木材敷地内でお待ちしております。

 

【ガムのような食感】

長野県は小谷村から大工の修行がしたいと はるばる滋賀まで来ていた若者が

この夏 長野県に帰郷しました。

最後の挨拶にと地元のお酒を持って、わざわざ会社まで訪ねて来てくれる

今時 珍しい律儀な青年だ。

その青年は、狩猟の免許を持っていて熊やイノシシ等を獲っているので

また送りますよ~っと冗談交じり話していたのですが

本当に会社に、クール宅急便で送られて来ました。

熊肉

 

産まれて初めてです これが熊の肉です。

沢山あったので会社の同僚達に御裾分けして 以前 頂いた冷酒をあけ

本日 焼肉にして頂きました

小谷

熊肉1

 

とにかく堅い 歯が丈夫じゃなきゃ~ 無理だわ~

ガムの様な肉でしたが 味じゃなく気持ちが嬉しくて嬉しくて

いつもより多めに呑んでしまいました。

 

 

【奇跡が起きました】

選ばれし男の奇跡の話を今日は致します。

皆さんは、車でパンクした経験は御座いますか?

現在のタイヤは昔と違って 滅多にパンクしないです

パンクの原因は主に 釘などの尖った物を踏んでパンクする当たり前の事です。

パンクするのは後輪が殆どだと皆さんは御存知でしたか?

道に落ちている釘を前輪で踏み その釘が偶然起き上がった瞬間に後輪で

踏みつける訳です。

即ち様々な偶然が重ならないとパンクは起きないのである。

そのパンクのメカニズムを理解した上で 前輪に釘が刺さってパンクをするなど言う

事が実際にありました。

考えられる事は、車間距離をとらずに前の車の後輪が釘を起こし 僕が前輪で踏む

でも僕は車間距離は、十分にとっていた

なのに前輪に釘が刺さりパンクする。

考えられる事は、前の車が釘を踏み偶然の偶然に道に釘が立ってしまったと

推測されるのだ。

こんな事があるのだろうか?

宝くじの一等が当たる確率よりもはるかに低い確率だ。

山奥でウミガメに遭遇するくらい 極めて珍しい事でした。

皆さんも豆知識として覚えといて下さい。

絶対に前輪に釘が刺さってパンクする事は100%ありません。

もう一つ 考えられる原因の一つに普段イジメている部下が その腹いせに

俺がいない間に釘を刺したかのどちらかです。

釘

 

【Facebook】

最近 つい最近Facebookに登録しました  いまいち良く理解出来ないのですが?

今日は〇〇さんの誕生日です~等  どないしたらいいのか本当に悩みます。

僕の携帯電話の登録件数は800件を超える登録履歴がありますが

友達と言える人数って非常に少ないもんです。

僕の中の友達の条件は、同級生である事 利害関係が無い事

一生懸命仕事をしている事 親を大切にしている事等

様々あります どちらかが上の立場になった時点で、それは友達では無い。

そして絶対に助け合わないと言うのが友達の条件だ。

例えば 友達がスナックを開店する 開店祝いに花くらいは贈るだろう

でも、客としては行かない宣伝もしない 絶対にお金も落とさない落としたとしても

原価しか払わないのだ。

大人数で押しかけて店の事をボロカスに言って原価計算して勝手に会計をする。

それでいいんです。

顔を見せるだけで嬉しいんです

言葉なんていらない 心で会話できるのが本当の友達なんです。

お金の貸し借りなんてもっての外です

貸した時点で その人は友達では無くなるからです。

一生懸命に、頑張って働いて その合間の余った時間を共有するのです。

友達には絶対に嫉妬もしない自慢もしない

ただ同じ時間を過ごし楽しいと思えるのが友達です。

気が付けば もうすぐ50歳 あまり友達がいない事に気が付きました。

誰か友達になって下さい 宜しくお願いします。

【トレンディードラマで見たような・・・】

前回、バラ色の人生と言うタイトルで 我が社の山口さんの紹介により

大久保君がお見合いをしたのですが

その後、2人は一歩前進したと言う事で、山口さんに感謝の気持ちを伝えたいと

報告会&山口さんの誕生日会をしました。

一応、誕生日と言う事なんで、手ぶらで行くのもな~っと思い

悩みに悩んだあげく パズルを買って行きました。

そして僕がプレゼントを渡し終えた  その直後に事件が起きました。

大久保君が、店員を呼びつけて言いました。

大久保宛てに、何か荷物が届いてるはずですが?

店員が、少々お待ち下さいと奥に引っ込み

お客様 こちらでございますか?っと

誕生会2

おいおいおいおい~  テレビでしか見た事ね~よ。そんなキザな野郎~

誕生会1

って言うか 俺の渡したパズルをほったらかしかい~ この怒アホ

誕生会

だから~俺のパズルは無視なんかい? 足元に転がってました。

ホンマ ふざけた誕生日会でした。

って言うか 俺はお呼びじゃ無かったのかな?

誕生会4

ホント お似合いの2人じゃありません。

大久保には勿体無いような綺麗な方です。

トレンディードラマで見た光景でした。

 

【バラ色の人生】

以前に バラ色の珍生と言うタイトルで我が社の大久保君のお嫁さんを、

広く募集いたしましたのですが?

様々なジャンルの方からお話を頂きました。 ありがとうございました。

先月、ガチャコン工房のスタッフとして お手伝い頂いている 山口の友人が

ブログを見て友人が会ってみたいと言う事で急遽 お見合いが実施されました。

残念ながら、僕は用事で出席できなかったのですが?

かなり盛り上り その後 二人は毎週度にデートをする仲だと山口から報告を

受けていたので、四人で飲み会をしました。

アッツン1

かなり 良い感じの方でした。

今度こそは、幸せになってほしいと心から願っております。

ウェルカムボード の製作ならお任せ下さい。

良い報告をお待ちしております。

 

【どうでも良くない話】

近頃 歳と共に頭髪が薄くなってきた 本人にとっては笑い事ではない

最重要事項なのだ。

思い切って 最愛の妻に悩みを打ち明けたのだが?

カツラでも買ってきたら~  そんな事より**********

そそそそんな事より・・・・・

そうなのだ、人の悩みなどその程度のものなのだ。

って言うか カツラ被るほどじゃね~し。

日本の薄毛人口は、約1300万人とも言われている。

薄毛で悩んでいる人口は 約その3倍とも言われている。

日本古来より 檜地方に住む男性は薄毛が少ないとも言われている。

檜やヒバなどに含まれている ヒノキチオールと言う成分が髪の毛にいいらしい

このヒノキチオールと言う成分を配合した養毛剤が実際に販売されているのだ。

それゆえ檜地方の男性は薄毛が少ないと言うデーターもあるほどだ。

一昔前は、良く肩で木を担いでいた為に 僕の肩には毛が生えているのだ。

右の肩でしか担がない為 右肩しか生えていない

材木屋の証しなのだ。

力士に丁髷があるように 材木屋には必ず肩に毛が生えていたのだ

所が、近年プレカットの導入とともに木を担ぐと言った行為も激減し

集成材や新建材が多様化された為に 僕の髪の毛が薄くなって来たと推測されるのだ

男の価値を例えた歌に こんな歌がある。

見た~めより

おか~ねより~

車~より

心~意気と歌った歌があるが

見た目は非常~に大事なのだ。

やっと見つけ~たよ~いいカツラ~

っと ならない様に

薄毛

昭和の頃は毎日がこんなんでした。

人が家を造り 家が人を育て 木が髪を育てる

こんな仕事の依頼をお待ちしております。